京都工芸繊維大学 応用化学課程

ようこそ

ようこそ応用化学課程へ

先端科学技術を支える物質・材料の成り立ちから応用までを学び、次世代の物質や材料の開発と探求ができる人材を育成します。

本課程では、1年次から2年次前期にかけて、全員が一様に物理化学、有機化学、無機化学、分析化学、化学工学などの基礎化学全般について学び、「総合的な基礎力」を培います。そして2年次後期から4つのコース(高分子材料デザインコース、材料化学デザインコース、分子化学デザインコース、機能物質デザインコース)に分かれ、それぞれが自分の興味に沿った専門性を高める教育プログラムに進みます。こうしたカリキュラムを通じて、化学全般に関する基礎力に加え、無機材料、有機材料、天然高分子材料、合成高分子材料、繊維材料、生体関連物質、医薬品など次世代を支える物質や材料の創製や評価に関する「専門力」を備えたグローバルに活躍できる人材を育成します。

応用化学課程長 清水正毅

contents

pagetop